こんにちは。はじめまして。村原です。miccoです。

 

8月のイベント、第二弾。「 my / mai,mai 」

イラストレーター satsukimishima による個展です。

 

image1-15

 

日々の暮らしの中にある、なんてことないもの。

ちょっと視点を変えて、じっくり観察してみる。

じっくり触ってみる。

ざらざらする。くいっとしてる。

なんだかちょっとへんてこな気がする。

ちょっと愛おしく感じたりもする。

 

そんな思いから彼女にお誘いをしました。

 

image2-8

 

maison YWE が謳う「あたらしいふつう」

 

自分の部屋に誰かが時間をかけて描いた絵を飾ってみる。

それはあなたにとって、あたらしい景色になる。

 

やがて、その景色が当たり前となった時、

あなたの体のどこかに新しい価値、見方、感覚が生まれているはず。

 

今回のこの展示が愛おしいものを見つめ直す機会となり、

貴方の毎日をほんの少し鮮やかにするものとなれば幸いです。

 

 

会期中にはイラストの展示・販売はもちろん、グッズの販売を行います。

今回は特別に satsukimishima × maison YWE がコラボレーションして

マルシェバッグを限定30枚、ご用意いたしました。

お電話にてお取り置きもできますので、スタッフにお問い合わせください。

※ グッズ、マルシェバッグの販売は19日(土)からとなります。

 

また、8/20(日)8/27(日)には satsukimishima がその場で

みなさまの好きな食べものの絵を描きます。

鉛筆画、500円。水彩画、700円。

インスタグラムにて時間等のお知らせを致しますので

こちらも合わせてご覧ください。→ → → @maisonywe

 

 

人々の生活の中に存在している、物、人、景色、匂い、音、全ての事柄において

時間が経つとそこに在るということが当たり前になってしまう。それが日常になる。

それがいつか、そこに存在していたことさえも頭の中から消え去ってしまう。

 

地球がものすごい速度で回り続けるように、この世界の時計もぐるんぐるん回り続ける。

その中にいると、そりゃ目が回って、苦しくなって、

毎日違うはずの空模様だって同じように目にうつる。

 

でも、きっとそんなはずじゃない。

空の色も、空気も、太陽の色も、足の裏の感覚も毎日違う。

目の前の景色も人も、みんなみんな、もっと暖かいはず。

もっともっと愛おしいものだったに違いない。

 

ちょっと立ち止まって、一呼吸して、ちょっと角度を変えてみたらほら、

新しい世界がやってきた。

 

 

これは、私のいとおしさの再確認。

あなたのいとおしいは、なんだろう。